時系列での変化

時系列で禁煙効果として出る変化

禁煙することによって、体にどのような変化が起きるのでしょうか?

また、明確な禁煙効果が出てくる期間はどの位なのでしょうか?

以下、時系列で見た禁煙効果の変化です。

禁煙直後

喫煙によって摂取したニコチンが血液を通って体全体に行き渡っております。

肺にニコチンやタールが充満し、口や髪の毛、衣服がヤニ臭くなります。

血管が収縮して血圧や脈が上がり、血行が悪くなって皮膚の温度が下がります。

ドーパミンが過剰に分泌されて脳が覚醒状態となっております。

禁煙1分後

喫煙のダメージを回復させようとする機能が働き始めます。

禁煙20分後

血圧や脈拍が正常値まで戻り、手や皮膚の温度も上がります。

人によっては早速イライラなどの離脱症状があらわれる頃です。

タバコを吸い終えて20分後は、まだ禁煙を自覚している人がいない状態です。

実際にはニコチンによる血液収縮が抜けて体温が元通りになっているのです。

禁煙8時間後

血液中の一酸化炭素が減り、酸素濃度も元通りになります。

息苦しさから解放されて呼吸がスムーズになります。

人によっては喉の痛みが取れたり、睡眠の改善なども見られるでしょう。

運動能力に関しても改善が見られます。

禁煙24時間後

ニコチンによって汚染されていた肺がやっと綺麗になり始めます。

血液中の一酸化炭素が元の量に戻り、血圧の値も回復し、心臓発作のリスクが減ります。

しかし、まだ脳にはニコチンが残っている状態です。

禁煙48時間後

末梢神経の成長が再開し、味覚や嗅覚が回復します。

ニコチンによって正しく機能していなかった味覚が元通りになる事で、食べ物が美味しく感じられるようになります。

禁煙の効果が顕著に出始めるのがこの時期です。

ただし、脳内でのニコチン欲求が消えたわけではありません。

禁煙72時間後

この頃になると、体内からニコチンが抜けて本来の健康体に戻ってきます。

喉のイガイガや痛みなども取れ、気管支の収縮がなくなり、肺活量も増えます。

呼吸が非常に楽になるので、軽い運動をしてみるとさらなる禁煙効果を実感できるでしょう。

禁煙1週間後

ニコチンによって機能していなかったアセチルコリンが復活します。

睡眠に変化が起こり、寝付きが良くなってきます。

しっかりと熟睡する事で睡眠不足も改善し、寝起きも爽やかになります。

禁煙2週間後

いよいよ女性にとって最もありがたいであろう美肌効果が出てきます。

皮膚の血行が良くなった事で、肌の色とツヤが出てきます。

全身の循環機能が改善し、血液がまんべんあく行き渡るようなり、肺活量もさらに上がってきます。

タバコに対する嫌悪感もこの頃から次第に出てくるでしょう。

禁煙1ヶ月後

禁煙による離脱症状が出なくなります。

タバコを求めてイライラするといった事もなくなり、精神的にも非常に楽になってきます。

それと同時に、油断や慢心が生まれて来るのもこの頃です。

禁煙1~9ヶ月後

気管支が正常に機能し、咳や息切れ、たん、疲労感が無くなります。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発率が3分の1になり、心筋梗塞のリスクも半減します。

体力的にはほとんど元通りになった状態です。

禁煙1~10年後

禁煙後1年で、虚血性心疾患(心筋梗塞や脳梗塞)にかかるリスクが半減します。

5年後になると、肺ガンになるリスクも非喫煙者と同じ位になります。

10年後では、ほとんどの病気において、かかるリスクが非喫煙者と同じ水準まで上がります。