生理が軽くなる

禁煙で生理が軽くなる

禁煙をすることで、女性の生理が軽くなる効果があります。

よく、禁煙すると太るからという理由で女性が禁煙しないという話がありますが、太る原因は食欲の増加だからです。

きちんと節制を行っていれば太ることはありません。

そして女性によっては非常に苦しいものである生理を軽くしてくれるメリットをもたらすのです。

喫煙することは月経不順の原因となり、タバコの有害物質が生理にも負担をかけています。

禁煙してしばらくすると、体の中からニコチンが全に抜けて健全な状態となります。

禁煙で生理不順が治る

タバコの煙は女性ホルモンを分解し、女性ホルモンを低下さます。

これによって更年期障害や女性の生理不順など様々な症状を引き起こします。

生理が遅くなるのは自律神経の乱れが原因とされていますが、喫煙が自律神経に作用するのです。

タバコに含まれる有害成分が自律神経に作用し、女性ホルモンを分解している視床下部にも影響を及ぼし、ホルモン分泌を阻害してしまいます。

女性ホルモンの低下は月経が来ているのに排卵ができない『無排性卵月経』という症状が起きて不妊の原因にもなります。

また、喫煙によって血行が悪くなる事で、生理痛がひどくなります。

女性にとって喫煙はホルモン低下の原因となり、その結果妊娠や生理に関する様々な不調となるのです。

禁煙することで、ホルモンの分泌は正常に機能するようになります。

遅くなっていた生理がきちんと来るようようになり、生理痛にも悩まされずに済むのです。

女性ホルモンに関する禁煙効果

女性ホルモンは、妊娠や生理のみならず、女性の体づくり全般に関係しています。

ホルモンバランスが崩れると、更年期障害やニキビ、シワや皮膚のたるみ等の原因と鳴ります。

タバコによって血行が悪くなり、女性ホルモンの分泌が阻害されると、スモーカーズ・フェイスと呼ばれる顔になります。

上記の要因によって顔が老けこんでしまい、実年齢よりも10歳ほど上に見られてしまうのです。

もちろん、生理不順や生理痛などでイライラが顔に出てしまうと、なおのこと老けこんでしまうのです。

女性の間でしばしば話題となってきている「プレ更年期」という疾患があります。

これは若年層の女性にも更年期障害の症状が出てしまう疾患で、女性ホルモンの低下によって起こるものです。

禁煙することによってホルモンバランスが戻れば、この「プレ更年期」も解消できるのです。