痰や咳がなくなる

禁煙で痰や咳がなくなる

禁煙によって痰や咳といった喉の疾患が無くなります。

また、喉のイガイガも解消されます。

喫煙している間は喉に不調を感じながらも、ついついタバコを吸ってしまうものです。

ヘビースモーカーであれば、風邪をひいて別の要因で咳や喉の痛みを感じていても喫煙はやめれません。

喉を酷使したり傷つけると、常にイガイガして取れない状態になります。

また、咳や痰はCOPDと呼ばれる疾患である可能性があります。

正規名称は慢性閉塞性肺疾患(まんせい へいそくせい はいしっかん)ですが、別名タバコ病とも呼ばれる病気です。

発病する人の実に90%が喫煙者という、タバコと非常に関係性が強い疾患です。

COPDは慢性気管支炎と肺気腫の2つの病気の総称で、タバコのパッケージにもこの病気に関する注意書きが書いてあります。

肺の生活習慣病であるCOPDですが、あまりよく知られていない状況です。

COPDの主な原因なは、ズバリタバコの煙です。

ですので、この疾患を治療するには禁煙が必要不可欠です。

もちろん禁煙することで自然治癒力が上がり、この疾患の症状は無くなります。

禁煙は、こういった生活習慣病の治療にもなるのです。

タバコが呼吸器官に与える影響

タバコにニコチンやタールといった有害なガスで喉を刺激します。

そして、喉の粘膜にある線毛が刺激されることで、粘膜が汚れたり傷づいたりするのです。

線毛は刺激されると炎症を起こして抜けてしまいます。

また、線毛の活動をサポートする気道液の分泌量が減ってしまいます。

喉の粘膜からは異物を排出するための粘液が分泌されますが、線毛と気道液が減少すると喉に張り付いてしまいます。

すると肺の浄化機能が低下し、肺がどんどん汚れていきます。

これがいわゆる咳や痰の原因となり、喫煙している間は慢性的に続きます。

前述のCOPDを発症すると、呼吸がうまくできず息苦しくなってきます。

これは肺の中にある肺胞が壊れて、気管支が炎症によって狭くなるためです。

肺胞は酸素と二酸化炭素を交換する作用があるので、肺胞が壊れてしまうと弾力性が無くなり、呼吸に支障をきたすのです。

これ以外にも、急に喉が痛くなったりイガイガしたりすると咽頭炎(いんとうえん)や扁桃炎(へんとうえん)の可能性もあります。

タバコの煙は喉や肺の機能を低下させ、組織を壊し、汚染させる事で様々な疾患を引き起こしてしまうのです。