禁煙治療

禁煙治療の流れ

禁煙外来における禁煙治療の流れを説明します。

禁煙治療は12週間で、計5回の診察を受けながら禁煙補助薬を服用します。

健康保険を使った禁煙治療は、以下のプログラムとなっております。

初回診察

初回診察では、患者の喫煙状況やニコチン依存度を測定します。

患者に禁煙治療の流れを説明し、禁煙開始日の決定やアドバイスなどを行います。

受信する患者はまず「禁煙状況に関する問診票」に記入をします。

これはタバコをどの位の頻度で吸っているかや生活習慣、家庭環境などを含めたアンケートです。

次にニコチン依存症スクリーニングテストで、患者のニコチン依存度を判定します。

呼気一酸化炭素濃度測定(患者の吐く息を検査)を行い、吐く息にどの位一酸化炭素が含まれているかを検査します。

また、病院によっては尿検査を行い、ニコチン代謝物の量を測定します。

患者の喫煙状況やニコチン依存度を判定した後、具体的な禁煙開始日を決定します。

これは初回診察で最も重要な事であり、患者が今すぐにでも禁煙を始めたいという意思があれば初診当日もしくは翌日に設定することもできます。

保険適用の12週プログラムでは、禁煙開始日が早ければ早いほど、この禁煙治療期間を有効に使うことができます。

禁煙開始日が決定したら、医師から禁煙に関するアドバイスを行います。

患者が禁煙に際して不安を感じている事や心配している事を聞き出して、解決方法を提案します。

禁煙に関する不安として多いのは、一度失敗している、酒の席で吸ってしまいそう、仕事でイライラするとつい…といったものです。

医師と患者の間でしっかりと話し合い、禁煙開始日が決まったら、禁煙補助薬を選択します。

それぞれの禁煙補助薬に関する特徴や服用方法を説明し、患者が禁煙補助薬を決定します。

次回の受診日を決めて、初回診察は終了です。

再診1回目

初回診察から2週間後が再診日となります。

再診1回目の内容として、喫煙(禁煙)状況の確認や離脱症状の問診、ニコチン摂取量チェック、禁煙継続にあたっての問題点把握やアドバイスなどです。

1回目と同様に、呼気一酸化炭素濃度測定を行って一酸化炭素を測ります。

禁煙をしていれば一酸化炭素量は非喫煙者と同じ量になります。

禁煙補助薬を服用している患者に、禁煙を始めてからの離脱症状や薬の副作用、不安や心配事などを聞き出します。

チャンピックスを服用すると、この時期に吐き気や傾眠などの副作用が多く見られるので、そういった事も含めて相談します。

そして医師から禁煙を継続する際のアドバイスを行います。

再診2回目

初回診察から4週間(1ヶ月)後が2回目の再診日となります。

前回と同様に呼気一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどを受けます。

前回に比べると、禁煙の様々な効果が出始めて薬にも慣れてくる頃です。

しかしながら、薬でニコチンを抑えているだけなので精神的に誘惑を断ち切れない時期でもあります。

そういった事も含めて、医師に相談をして禁煙を続けていきます。

再診3回目

初回診察から8週間(2ヶ月)後が3回目の再診日となります。

前回と同様に呼気一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどを受けます。

体が禁煙に慣れ、かなり落ち着いてくる頃です。

完全に禁煙したと思い込んで、薬を中断しても良いのではと思う頃でもあります。

しかし、ここで中断してはいけません。

再診4回目

初回診察から12週間(3ヶ月)後が4回目の再診日となります。

前回と同様に呼気一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどを受けます。

禁煙治療の最終日となり、今後禁煙を続けていく上での相談を行います。

チャンピックスを服用すれば、この時点での禁煙成功率は92.6%となります。