禁煙外来

禁煙外来とは

禁煙外来とは、ニコチン依存症の患者にに禁煙治療を行う医療機関の事です。

なかなかタバコがやめられないニコチン依存症患者に対して、禁煙補助薬の処方を行いながら禁煙治療プログラムを実施しております。

喫煙者の70%はニコチン依存症であると言われ、自分の意思でやめられない、禁煙しても離脱症状に苦しめられるという状態です。

ニコチン依存症は医師の診断を受けて治療を行う疾患となっております。

軽度の依存症であれば患者の意思だけで禁煙が成功する事もありますが、喫煙年数や一日の喫煙本数が非常に多いヘビースモーカーにとっては非常に苦しいものです。

禁煙外来はこういった患者に対してしっかりと治療を行い、体や精神面での負担を軽減して無理なく禁煙できる環境を提供します。

禁煙治療は禁煙補助薬を処方しながら、医師や看護婦がカウンセリングを行って身体・精神の両面におけるケアを行います。

禁煙補助薬としてはチャンピックスのような飲み薬、医療用ニコチンパッチ、ニコチンガムがあります。

チャンピックスによる禁煙治療は12週間、ニコチン置換療法(ニコチンパッチ、ニコチンガム)による禁煙治療は8週間が標準治療期間となります。

禁煙外来の保険適用

禁煙外来では、一定の基準に達した喫煙者に対して保険が適用されます。

保険適用の条件は4つあり、以下の全てを満たしていなければなりません。

ニコチン依存症スクリーニングテスト

ニコチン依存症スクリーニングテストとは、ニコチン依存症患者の喫煙度合いをはかる為にWHOが定めたチェックリストです。

以下の10の質問で当てはまる項目が5点以上あれば、条件を満たしている事になります。

①自分が吸おうと思ったよりも、ずっと多くの本数を吸ってしまった事がありますか。

②禁煙もしくは喫煙本数を減らそうとして、出来なかった事がありますか。

③②を試みたさいに、タバコが欲しくてたまらなくなりましたか。

④②を試みたさいに、次のどれかが当てはまりましたか(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)。

⑤④のいずれかが当てはまった時、症状を消すために再び喫煙したことがありますか。

⑥重い病気にかかった際に、タバコが良くないと知りつつ吸ってしまった事がありますか。

⑦喫煙によって自分の体に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。

⑧喫煙によって自分の体に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。

⑨自分はタバコに依存していると感じた事がありますか。

⑩タバコが吸えないような仕事や付き合いを避けることが何度かありましたか。

ブリンクマン指数

ブリンクマン指数とは、喫煙本数および喫煙年数の度合いをはかるための指標です。

計算式としては、1日の喫煙本数×喫煙年数となります。

このブリンクマン指数が200以上だと、条件を満たしている事になります。

患者の禁煙意思

外来で診察を受ける患者が、しっかりと禁煙をやり遂げる意思を持っている事が条件です。

これは禁煙治療で処方される薬があくまで禁煙補助薬であり、精神面で患者をケアしながら治療をすすめていくためです。

患者の禁煙意思

外来で診察を受ける患者が、「1ヶ月以内に禁煙を始めたい」という明確な意思を持っている事が条件です。

これは禁煙治療で処方される薬があくまで禁煙補助薬であり、精神面で患者をケアしながら治療をすすめていくためです。

文書による同意

患者が「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療についての説明を受けます。

そして患者が治療内容を十分に理解した上で書面に同意のサインをする事が条件となります。

一般的には問診票に氏名・日付の記入を行うものです。

なお、上記の中でもブリンクマン指数を満たすのは、ある程度の喫煙年数を経たヘビースモーカーに絞られます。

昨今では、喫煙年数が浅い若年層の喫煙者に対しても保険適用が出来るように、このブリンクマン指数を緩和する提案が厚労省で出されました。