薄毛が治る

禁煙で薄毛が治る

タバコは薄毛の原因となります。

タバコをやめれば薄毛は治ります。

何故でしょう?

答えはタバコに含まれるニコチンの作用にあります。

ニコチンは血管を収縮させて血行を悪化させます。

これは髪の毛の内部にある毛細血管でも同じ事が言えます。

つまり、髪の毛が成長する際に必要な血液が十分に毛穴の奥まで行き渡らず、毛根が衰えてしまうのです。

十分に血液を送られずに衰弱した毛根からは髪の毛が抜け落ちていき、薄毛となります。

喫煙している間中、この状態は続きます。

もちろん、薄毛は遺伝や男性ホルモンなどの影響もありますが、喫煙者が禁煙を行うことで薄毛が治ったというケースも多く見られます。

ストレスを感じないようにうまく禁煙を行えば、髪の毛は元通りに生えてきます。

もちろん、薄毛がきになることでストレスを感じていた方にとっては一石二鳥の結果となります。

タバコによる薄毛の要因

もし喫煙者である貴方が薄毛に悩み、薄毛治療を考えているとしましょう。

本気で薄毛を改善したいのであれば、まずタバコは厳禁です。

上記の通り、タバコが皮膚の血行を悪化させて毛根を衰弱させます。

それ以外にも、タバコには以下のような薄毛の要因があります。

ビタミンC不足

ニコチンは体の新陳代謝を悪くし、体内のビタミンCを壊してしまいます。

これによってビタミンCが慢性的に不足してしまい、栄養を十分に吸収できなくなります。

ビタミンCは体内に栄養を取り込み、血行を促進する作用があります。

ですので不足すると当然ながら、毛細血管にも栄養が行き渡らなくなって毛が抜け落ちてしまうのです。

喫煙ストレス

禁煙によるストレスは分かりやすいのですが、実は喫煙も体にストレスを与えています。

前述のようにビタミンC不足となり、イライラしやすくなります。

タバコを吸えない場所へ行ったり、タバコを切らせて周囲に売店が無かったりしてイライラする事は誰にでもあります。

喫煙者も、タバコが原因で非喫煙者に比べてイライラしている事が多くなり、結果的にストレスとなっているのです。

悪玉コレステロール

タバコは血液中の悪玉コレステロールを増加させます。

何かと健康を害する成分として出てくる悪玉コレステロールは、増加していくと動脈硬化を進行させます。

この悪玉コレステロールを排除すべく、体内では対抗成分であるタウリンを生成します。

タウリンはメチオニンというアミノ酸を消費して作られます。

実はこのメチオニンは髪の毛の育成に欠かせない栄養素で、不足すると育毛に支障をきたします。

悪玉コレステロールが増えるほど、タウリンを生成するためにメチオニンを消費していきます。

結果として、喫煙は育毛環境を悪化させてしまうのです。

薄毛治療は禁煙が必須

もし、喫煙者である貴方が深刻な薄毛に悩んでいたとしましょう。

貴方が本気で薄毛の治療や改善を望んでいるのであれば、禁煙は絶対条件となります。

上記の通り、喫煙は薄毛治療を行う妨げにしかなりません。

治療を受けるかどうかお悩みであれば、まずはタバコをやめてみましょう。

体内からニコチンが抜けて、頭皮の毛根に血液や栄養分が行き渡るように慣れば、少なくとも抜け毛は無くなります。

長年喫煙をしてきた貴方が薄毛となった原因と解決の糸口が、そこにあるかも知れないのです。