ニコチンガム

ニコチンガムとは

ニコチンガムとは、ニコチンを含んだガム状の禁煙補助薬です。

国内ではニコレットやニコチネルといったニコチンガムが販売されております。

ニコチンガムは、禁煙している人がタバコを吸いたくなった時に噛んでイライラ等の離脱症状を和らげるものです。

薬局で手軽に購入できますが、第2類医薬品ですので必ず用法・用量を守って正しく使いましょう。

ニコチンガムの特徴

ニコチンガムは口に含んで口腔内からニコチンを摂取するものです。
形態がガムと似ているので便宜上ガムと呼ばれてはいるものの、通常のガムとは使い方が異なります。

口に入れて噛んだ後は歯茎と頬の間に1時間ほど詰め込み、ゆっくりと時間をかけてニコチンを取り入れます。

このため、最初のうちは慣れないかも知れません。

ニコチンガムはニコチンを含んではいるものの、タバコとは明確な違いがあります。

タバコにはベンツピレンやアミン酸を始めとした多くの発がん性物質が含まれておりますが、ニコチンガムにはこういった発がん性物質は含まれておりません。

ですのでタバコの代わりとは言え、タバコに比べると体への悪影響は大幅に軽減します。

ニコチンガムの効果

ニコチンガムは、ニコチン置換療法という方法を用いて禁煙治療を行う禁煙補助薬です。

タバコの代わりに、ガムからニコチンを摂取して離脱症状を抑える方法です。

上記の通り、ニコチンガムには発がん性物質を含まない安全性のある薬です。

タバコが吸いたくなった時にガムを噛んでニコチンを摂取し、徐々に摂取量を減らして禁煙を成功へ導きます。

ニコチンガムを使えば、意志だけで禁煙に挑戦する場合に比べて成功率が倍に増えると言われております。

ニコチンガムの副作用

ニコチンガムの主な副作用は以下の通りです。

口・のど

口内炎、のどの痛み

消化器

吐き気、悪心、嘔吐、腹部不快感、胸やけ、食欲不振、下痢

皮ふ

発疹・発赤、かゆみ

精神神経系

頭痛、めまい、思考減退、眠気

循環器

どうき

その他

胸部不快感、胸部刺激感、顔面潮紅、顔面浮腫、気分不良

ニコチンガムを使用して上記のような症状が現れたら、使用を中止して医師に相談してください。

ニコチンガムの使い方

ニコチンガムは使い方は以下の通りです。

①タバコを吸いたくなった時に、シートから1粒だけ取り出して口に入れます。

②ピリッとした味がするまで、ゆっくりとガムを噛みます。

③歯茎と頬の間にガムを詰め込み、しばらく放置します。

④味がしなくなったら、再びピリッと味がするまでガムをゆっくりと噛みます。

⑤30~60分間の間、これを繰り返します。ガムを詰める場所はその都度変えるようにします。

ニコチンガムの注意点

以下に当てはまる方は、ニコチンガムを使用できません。

①心臓に重度の病気(心筋梗塞、狭心症、不整脈)を持った方

②脳出血・脳卒中を起こして間もない方

③うつ病と診断された方

④妊娠もしくは妊娠の可能性がある方、授乳中の方

⑤あごの関節に障害のある方

⑥非喫煙者の方

⑦ガムの成分による過敏症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある方

ニコチンガムで以下の症状があらわれる事があります。このような症状の継続や増強が見られた場合は、使用を中止して医師に相談してください。

①口内・のどの刺激感、舌の荒れ、味の異常感、唾液増加、歯肉炎(ゆっくり噛む事で症状が軽くなる場合があります)

②あごの痛み(他に原因がある可能性があります)

③しゃっくり、げっぷ。

ニコチンガムの通販

ニコチンガムは楽天等の通販サイトで購入することができます。

通販購入は、禁煙外来に比べて診察費や病院へ行く手間が省けるというメリットがあります。

その反面、医師への相談やアドバイスを受ける事はできませんので、購入から使用に至るまでは全て自己責任となります。

ニコチンガムを通販でご購入の際には、使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って正しく使いましょう。