チャンピックスの副作用

主な副作用

チャンピックスで最も多い副作用としては、吐き気や傾眠(意識が遠くなって判断力がにぶるような眠気)などがあります。

他にも様々な症状が報告されておりますので、万一異常が認められた際には医師に相談をしてください。

以下、添付文書に基づいたチャンピックスの主な副作用です。

感染症及び寄生虫症

上気道感染、気管支炎

代謝及び栄養障害

食欲不振、食欲亢進、多飲症

精神障害

異常な夢、不眠症、リビドー減退、易刺激性、感情不安定、激越、睡眠障害、不安、抑うつ、落ち着きのなさ、精神緩慢、気分変動、思考異常、不快気分、精神障害、攻撃的行動、敵意

神経系障害

頭痛、傾眠、振戦、注意力障害、味覚異常、嗜眠、協調運動異常、構語障害、感覚鈍麻、記憶障害、健忘、一過性健忘

心臓障害

心房細動、動悸、狭心症

血管障害

ほてり、高血圧

眼障害

眼痛、羞明、暗点、結膜炎

耳及び迷路障害

耳鳴

呼吸器、胸郭及び縦隔障害

咽喉刺激感、咳嗽、呼吸困難、嗄声、鼻漏、気道うっ血、副鼻腔うっ血、いびき

胃腸障害

便秘、嘔気、鼓腸、胃食道逆流性疾患、胃不快感、下痢、口内乾燥、消化不良、軟便、腹痛、腹部膨満、嘔吐、おくび、胃炎、歯肉痛、吐血、血便排泄、口内炎、イレウス

皮膚及び皮下組織障害

ざ瘡、そう痒症、発疹、紅斑、多汗症

筋骨格系及び結合組織障害

筋痛、筋痙攣、関節硬直、関節痛、背部痛

腎及び尿路障害

頻尿・夜間頻尿、糖尿、多尿

生殖系及び乳房障害

月経過多、性機能不全

全身障害及び投与局所様態

胸痛、倦怠感、口渇、無力症、めまい、胸部不快感、発熱、浮腫、末梢性浮腫

臨床検査

肝機能検査値異常(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、血中ビリルビン上昇)、心電図ST部分下降、心電図T波振幅減少、心拍数増加、血小板数減少、体重増加

重篤な副作用

チャンピックスを服用した際に、まれに以下のような症状が起こる可能性があります。

万一下記のような症状が出た際には直ちに服用を中止し、早急に医師の診断を受けてください。

以下、添付文書に基づいたチャンピックスの重篤な副作用です。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑等があらわれることがあります。

血管浮腫

顔面、舌、口唇、咽頭、喉頭等の腫脹を症状とする血管浮腫があらわれることがあります。

意識障害

意識レベルの低下、意識消失等の意識障害があらわれることがあります。

肝機能障害、黄疸

AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP等の上昇を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあります。