チャンピックスの注意点

慎重に服用する必要がある方

チャンピックスを服用するにあたり、以下に該当する方は経過を観察しながら慎重に服用してください。

統合失調症、双極性障害、うつ病等の患者

チャンピックスの服用に関係なく、禁煙は精神状態に様々な影響をおよぼす可能性があります。

禁煙の際に起こる症状として主に不快、抑うつ気分、不眠、いらだたしさ、欲求不満、怒り、不安、集中困難、落ち着きのなさ、心拍数の減少、食欲増加、体重増加等が挙げられます。

また、チャンピックスとの関係性は不明であるものの、抑うつ気分、不安、焦燥、興奮、行動又は思考の変化、精神障害、気分変動、攻撃的行動、敵意、自殺念慮及び自殺といった例も報告されております。

何らかの精神疾患を持っている方は、精神状態が悪化する危険性があるので、チャンピックスを用いた禁煙治療は慎重に行うようにしてください。

重度の腎機能障害のある患者

重度の腎機能障害がある患者が服用した場合、血中濃度が高くなる恐れがあります。

血液透析を受けている患者

十分な臨床実験が行われていないため、経過を観察しながら慎重に服用してください。

その他の注意点

チャンピックスを服用した際に、めまいや傾眠(意識が遠くなるような眠気)、意識障害といった副作用によって自動車事故が起こった例も報告されております。

チャンピックスの服用後は、自動車や重機などの運転をしないでください。

高齢者の服用

チャンピックスは腎排泄(腎臓で尿と一緒に排出)されるお薬です。

高齢者は腎臓の機能が弱まっている場合が多いので、服用の際には十分注意してください。

念のため腎機能を確認し、重度の腎機能障害が認められた場合には必要に応じて用量を適宜調整するようにしてください。

妊婦の服用

妊婦もしくは妊娠している可能性がある方は、治療するメリットが体に与える負担やリスクを上回ると判断した場合にのみ服用してください。

これは妊娠中の患者に対する安全性が確立していないからです。

授乳婦の服用

授乳中の女性は、チャンピックスの服用中に授乳をしないでください。

これはチャンピックスの成分が乳児に移る危険性があるためです。

小児の服用

小児の服用に関する安全性が確立していないので、万一服用の際には医師に相談してください。